logo

Google Chromeはブラウザ市場の台風の目?

2008年9月3日 08時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Goolgeが自社開発のウェブブラウザ「Google Chrome」を9月2日にオープンソースプロジェクトとして公開しました。

 Internet Explorerでウェブブラウザのトップシェアを握るMicrosoftに対し、ついにGoogleブラウザが勝負を挑むことになりました。Googleと同じくコアなネットユーザーをファンに抱えるMozilla「Firefox」もシェアを伸ばしています。新たなブラウザ戦争の行方、そしてGoogleのウェブブラウザ戦略はどのようなものになるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • Blogに書きました。 (リンク ») Windowsユーザーが驚いていることの方がむしろ驚きかな。 Dan the Man with too Many Browsers to Browse
  • Googleがブラウザを開発中とのニュースは以前からささやかれていましたが、こうして正式にリリースされ実際に試してみると、そのすごさがわかります。 個人的には、Google Chromeのアイコンがポケモンにしか見えないのが第一印象ですが、そのレンダリングの速さは圧巻です。これに慣れるとほかのブラウザは使用したくなくなりますね。あと...
  • 一つはっきりしたのは、Webという技術はまだ全然成熟してない、ということですね。なんせ、ブラウザ一つでこんなに印象や認識が変わってしまうのですから。 これは、特にWeb周辺のソフトウェアエンジニアリング的には、まだまだやれることがいっぱいあるという意味で、吉報だと思います。 一方でビジネス的には、ちょっと悩ましいフェーズに入っ...
  • 今回Googleがブラウザを出した一番の功績は、IE以外にもブラウザの選択肢があるという事を世間に知らしめた事ではないでしょうか?Chromeという台風の目はFirefoxやSafariを巻き込んでマイクロソフト本土に強烈に襲い掛かっていくでしょう。ネガティブにとらえないで、切磋琢磨して、もっと面白しろくなるといいですね。 しか...
  • クロームをインストールして間がないのに、もうそのレスポンスの速さに慣れ、メインのブランザーとして手放せなくなりました。しかしだからといって、すべてのユーザーの人たちが速さを第一優先にしているとは思えないし、むしろ慣れているものがいいと言う人もいるわけで、いきなりIEのシェアを大きく奪うということはないように思います。むしろシェアということ...
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集