logo

Google Chromeはブラウザ市場の台風の目?

2008年9月3日 08時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Goolgeが自社開発のウェブブラウザ「Google Chrome」を9月2日にオープンソースプロジェクトとして公開しました。

 Internet Explorerでウェブブラウザのトップシェアを握るMicrosoftに対し、ついにGoogleブラウザが勝負を挑むことになりました。Googleと同じくコアなネットユーザーをファンに抱えるMozilla「Firefox」もシェアを伸ばしています。新たなブラウザ戦争の行方、そしてGoogleのウェブブラウザ戦略はどのようなものになるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    言いたいことは何年も前から書いているので割愛。
    (以下のリンク先を読んでください)

    || 過去の僕のGoogleブラウザに関する予測エントリー
    (リンク »)
    (リンク »)

    GoogleはとにもかくにもWebの申し子であり、全てをWebに置き、全てを検索可能にしたい。それを邪魔する相手には何らかの対抗策をぶつける。Chromeはそのひとつだ。それで金儲けをするのではなく、対抗勢力を無力化するのが狙いだ。だから囲い込まず、ばらまき、オープンにする。彼らの戦略は何年もブレがないと思う。そこがGoogleの凄さだろう。

    2008-09-03 17:26:10
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集