logo

Google Chromeはブラウザ市場の台風の目?

2008年9月3日 08時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Goolgeが自社開発のウェブブラウザ「Google Chrome」を9月2日にオープンソースプロジェクトとして公開しました。

 Internet Explorerでウェブブラウザのトップシェアを握るMicrosoftに対し、ついにGoogleブラウザが勝負を挑むことになりました。Googleと同じくコアなネットユーザーをファンに抱えるMozilla「Firefox」もシェアを伸ばしています。新たなブラウザ戦争の行方、そしてGoogleのウェブブラウザ戦略はどのようなものになるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 松永 エリック・匡史
    松永 エリック・匡史さん (メディア戦略コンサルタント)
    今回Googleがブラウザを出した一番の功績は、IE以外にもブラウザの選択肢があるという事を世間に知らしめた事ではないでしょうか?Chromeという台風の目はFirefoxやSafariを巻き込んでマイクロソフト本土に強烈に襲い掛かっていくでしょう。ネガティブにとらえないで、切磋琢磨して、もっと面白しろくなるといいですね。


    しかし、僕の、こんな事も、あんな事も全てお見通しのChrome様。少し使うのは怖いけど、使い込んでいくと手放せなくなるんだろうなあ(笑)かなり、やばいですよ、これ!
    2008-09-04 21:16:30
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集