Google Chromeはブラウザ市場の台風の目?

2008年9月3日 08時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Goolgeが自社開発のウェブブラウザ「Google Chrome」を9月2日にオープンソースプロジェクトとして公開しました。

 Internet Explorerでウェブブラウザのトップシェアを握るMicrosoftに対し、ついにGoogleブラウザが勝負を挑むことになりました。Googleと同じくコアなネットユーザーをファンに抱えるMozilla「Firefox」もシェアを伸ばしています。新たなブラウザ戦争の行方、そしてGoogleのウェブブラウザ戦略はどのようなものになるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 坂本貴史
    坂本貴史さん (ネットイヤーグループ株式会社 IA/UXDディレクター)
    Googleがブラウザを開発中とのニュースは以前からささやかれていましたが、こうして正式にリリースされ実際に試してみると、そのすごさがわかります。

    個人的には、Google Chromeのアイコンがポケモンにしか見えないのが第一印象ですが、そのレンダリングの速さは圧巻です。これに慣れるとほかのブラウザは使用したくなくなりますね。あと検索入力方法が格段に使いやすくなった「Omnibox」ですか。検索するのに「http:」から入力することが遠い昔のことのように思います。また、自分が使う履歴から参照して開始するブラウジングという概念、またアプリケーションまで登録できてしまう試みは、簡単にウェブブラウザと言ってはいけないんじゃないかとさえ思います。

    アプリケーションの履歴やアクションの履歴がすべてこのOmniboxから開始できるようになれば、ウェブブラウザを起動することなく、すべての行動がダイレクトに実行できる環境ができあがります。そうすると次は、デスクトップ検索のバージョンアップですかね。

    UIについてはOperaで採用されているタブが一番上にあることも論理的にわかりやすくなっています。あとこれにFirefoxの拡張機能のようなものがどんどん追加されてくれば、シェアが変わることはもちろん、競合するブラウザがなくなってしまいそうですね。競合するポイントがブラウザからアプリ単体に切り替わる予感がします。
    2008-09-08 11:24:57
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加