お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

最新特集

9月21日から24日まで、幕張メッセにて国内最大規模のゲーム展示会「東京ゲームショウ2017」が開催される。 家庭用ゲーム機、スマートフォン、PCなど多彩なプラットフォームに向けてリリースする最新ゲームをはじめ、 最先端の技術を活用した「VRコーナー/AR コーナー」、最近注目を集めている「e-Sports」をテーマにしたコーナーも設けられている。

特集一覧

日本ではまだAIを活用したイノベーションが次から次へと生まれるような状況にはなっていない。なぜか? 日本ではデジタルイノベーションによる競争環境の変化に関する危機感がまだまだ小さいからである。新しい提案のためには、従来通りの思考の延長線上ではないイノベーションが必要になる。では、「どのようにして他社に先駆けてイノベーションを起こせるのか?」を解説していく。

対面、書類、印鑑とアナログによる業務が大部分を占めていた不動産業が、テクノロジの力で大きく変わりつつある。長く続いてきた業界のしきたりに不動産テックで切り込む業界のリーディングカンパニーを紹介する。

自律走行車、ドローン、仮想現実(VR)、ロボティクスなど注目のトピックについて、元CNET Japan編集者で現フリーライターの坂和敏(さかわ・はやし)氏が、海外発のニュースを独自の視点で考察する。

マーケティングを実践する際に「エクスペリエンス・デザイン」が重視されている。源流はUI設計やブランド体験設計などだが、それらがいくつか合わさってエクスペリエンスデザインと呼ばれ、なぜいま注目されているのか、具体的に何をどのように進めればいいのかなどを解説する。

「IoT」の言葉に代表されるように、ITがあたりまえの世の中になり、あらゆるものにコンピュータと通信機能が搭載される時代がきている。そして、今後はあらゆるビジネスで人工知能(AI)が活用されていくだろう。これまでのITのように、効率化を目的としたものだけでなく、AIを活用した新たなビジネスも生まれるだろう。AIは今後のビジネスにとってなぜ不可欠なのか、消費者にとってどのような価値となるか。

世界がITテクノロジによって日々進化する現在、主戦場はPCやスマートフォンの中ではなく街や都市に移りつつある。例えば、インターネットとリアルタイムに繋がったGPS情報は、そこにタクシーや宅配便を瞬時に呼び出すことができ、人やモノの移動を劇的に変えている。今までインターネットに繋がっていなかったモノや都市などを「非IT領域」とし、そこで起こるイノベーションをITテクノロジーやビジネスモデルの文脈で紹介する。

関係各社からいただいた、たくさんの2017年のカレンダーの中から、特にデザインや仕掛けがユニークだったものを編集部でセレクトして紹介します。

昨年2016年に開催した「テクノロジが創世する不動産業の新潮流 ~Real Estate Tech 2016 Summer~」の第2弾を開催します。前回は、ITやAIなどテクノロジを活用して不動産業界がどのように変革していくかに焦点を当てましたが、今回は不動産業界のみにとどまらず、さまざまなテクノロジの進展や普及によって、どのように“新しい街・都市”がつくられていくのかを取り上げます。