Google Chromeはブラウザ市場の台風の目?

2008年9月3日 08時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Goolgeが自社開発のウェブブラウザ「Google Chrome」を9月2日にオープンソースプロジェクトとして公開しました。

 Internet Explorerでウェブブラウザのトップシェアを握るMicrosoftに対し、ついにGoogleブラウザが勝負を挑むことになりました。Googleと同じくコアなネットユーザーをファンに抱えるMozilla「Firefox」もシェアを伸ばしています。新たなブラウザ戦争の行方、そしてGoogleのウェブブラウザ戦略はどのようなものになるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    一つはっきりしたのは、Webという技術はまだ全然成熟してない、ということですね。なんせ、ブラウザ一つでこんなに印象や認識が変わってしまうのですから。

    これは、特にWeb周辺のソフトウェアエンジニアリング的には、まだまだやれることがいっぱいあるという意味で、吉報だと思います。

    一方でビジネス的には、ちょっと悩ましいフェーズに入ったことを意味しているかもしれません。たとえばいわゆる"Web3.0"って、本当にWebベースのサービスとして成立するの?とか。
    2008-09-07 14:40:02
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加