logo

神田敏晶さんのプロフィール (ブロガー)

  • 神田敏晶
    神田敏晶
    自己紹介:
    KandaNewsNetwork,Inc.代表取締役社長。ビデオジャーナリスト。1995年より世界で一番小さなデジタル放送局として、ビデオストリーミングを開始。ITの世界を中心に世界を駆け巡る。渋谷でITをテーマにしたBAR「BarTube」を経営。関西大学総合情報学部非常勤講師。公道でのセグウェイ走行により書類送検後、東京拘置所で3日間過ごす。2007年に参議院選挙に出馬するが落選。2010年の再出馬を表明中。
    ブログRSSフィード

最新のブログエントリー

最新パネル回答

  • みなさま、あけましておめでとうございます! 昨年は、ある意味、タブレット大盛況な2012年でしたね。 今年は、どんなトピックが、話題かと考えますと… 4年ごとのネットバブルの浮き沈みで、しばらくは、SNSやECの プラットフォームのインフレの年になりそうです。 1996年 インターネット上陸 2000年 ネットバブル崩...
    2013-01-07 18:10:58
    続きを読む
  •  満を持して、Amazon kindleの日本上陸となる…。 これにはもう大歓迎だ。むしろ遅すぎたくらいだ! 角川グループとの提携から、どこまで派生したのだろうか?「売上の55%はamazon」「価格は書籍よりも安価」いろんな制約も噂されてきた。何よりも、再販制度によって守られてきた日本の書店流通の「正価主義」がゆらぐ...
    2012-06-26 19:52:11
    続きを読む
  • コンプガチャ規制、コンプガチャ商法、「コンプガチャ」なる新語を安易に使われることこそが違和感。 「コンプリート」+「ガチャ」=「コンプリートガチャ」 この「コンプリート(完成)」にも「ガチャ(ガチャガチャ)」にも説明が必要だった。  メディア報道の多くが、普通の人には理解のできないソーシャルゲーム...
    2012-05-14 14:42:19
    続きを読む
  •  携帯電話という、非常に密接な個人情報とリンクしているデバイスに、すべてのデータを、「利用許諾」をしっかりと読まないで、「承認」してしまう人が大多数である。  特に、「人柱」的な人もいなくなり、そのサービスが安全なのかどうなのかも、一部のインフルエンサーに委ねられている状態だ。 単なる企業の情報...
    2012-04-04 12:25:52
    続きを読む
  • 最終決戦へ望むGoogleの布石のひとつ。 Googleのミッション「世界の情報のすべてをオーガナイズし、それをアクセス可能にする」を結果として拒むこととなる存在の2大ライバルは、facebookとApple。 いや、それは拒むのではなく、結果として「『Google』が、世界の情報のすべてを…」の主語を変えてしまう脅威だ。  前...
    2011-08-16 18:48:55
    続きを読む