Google Chromeはブラウザ市場の台風の目?

2008年9月3日 08時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Goolgeが自社開発のウェブブラウザ「Google Chrome」を9月2日にオープンソースプロジェクトとして公開しました。

 Internet Explorerでウェブブラウザのトップシェアを握るMicrosoftに対し、ついにGoogleブラウザが勝負を挑むことになりました。Googleと同じくコアなネットユーザーをファンに抱えるMozilla「Firefox」もシェアを伸ばしています。新たなブラウザ戦争の行方、そしてGoogleのウェブブラウザ戦略はどのようなものになるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 湯川鶴章
    湯川鶴章さん (TechWave編集長)
    ChromeはMicrosoftにとどめを刺す!んなわけないだろ!
    いろんなメディアが言ってるような対抗意識を背景にChromeを作ったわけじゃないと思うよ。ウェブアプリケーションを進化させるのと広告ビジネスを拡大させるには、自分でブラウザを持ったほうが手っ取り早い。それだけのこと。
    で普及するかというと、現状ではネットのパワーユーザー以外には普及しない。発売日前後は異様に盛り上がったけどその後の売れ行きはどうよ、という例のケータイと同じこと。Googleは別にIEを駆逐しなくてもいいんだ。ウェブアプリケーション進化の先導者になって、その結果広告ビジネスが拡大すればね。まあその辺はブログのほうで。
    (リンク »)
    2008-09-03 17:27:34
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加