logo

本間毅さんのプロフィール (パネリスト)

  • 本間毅
    本間毅
    自己紹介:
    1974年生まれ。中央大学在学中から起業し、1997年にWebインテグレーションを行うイエルネット設立。黎明期のビットバレーやピーアイエム株式会社(後にヤフージャパンに売却)の設立にも関わる。2003年、ソニー入社。ネット系事業戦略部門、リテール系新規事業開発等を経て、2005年よりグループ内のネットメディア開発に携わる。社外ベンチャー企業との協業により、Web2.0やBlog/SNS系テクノロジの社内導入を推進する一方、ソニーグループのアセットを活かした新たなネットメディアとしてeyeVio(アイビオ)を立ち上げる。 2008年よりアメリカに赴任。2009年より電子書籍事業のビジネス戦略を担当。カリフォルニア州サンディエゴ在住。

最新パネル回答

  • もはや提携に聖域なし、ということで結構衝撃的でした。アメリカのネットでも結構話題になっていて結構驚かれてますが(USのY!はBingと提携)、ビジネス的な観点から冷静に考えると、この提携でY!は違う技術やサービスへ人材やお金を回せるわけで、より差別化のしやすい領域へ投資をシフトさせるという意味では、合理的...
    2010-07-28 01:56:02
    続きを読む
  • これまでの無料サービスにかわって、きちんとお金を払って利用するサービスが台頭してくる気配があります。具体的には、映画などのプレミアムコンテンツのダウンロード視聴や、クラウドにデータを保管するようなサービスです。有料なので求められるサービスのクオリティも上がり、これまでの無料モデルでは切りひらけな...
    2009-01-07 01:23:08
    続きを読む
  • firefoxの登場でブラウザの使い勝手が飛躍的に向上したことを考えると、このような新しいブラウザの登場はユーザーとして歓迎です。 早速インストールしてみましたが、Googleならではの完成度の高さを感じました。インストールは簡単で速いですし、新しいブラウザによくありがちな既存ページの表示が崩れるといった不...
    2008-09-03 07:58:15
    続きを読む
  • 彼はマイクロソフトという枠組みで見られがちですが、「マイクロソフトの成功」イコール「パーソナルコンピュータに市民権を与え、人々の生活に普及させるまでの過程」と捉えるなら、彼の功績はあまりに偉大なのではないでしょうか。 ご存じのように彼はマイクロソフトという枠組みを通じて、Appleにソフトウエアを供...
    2008-07-01 11:08:19
    続きを読む
  • あくまでユーザー視点での話ですが、ダビングし放題でユーザーが永遠にハッピーとはいかないと思います。 初期的にはよいかも知れませんが、新たなコンテンツビジネスのエコシステムを確立できなければ、「どうせコピーされてばらまかれちゃうんだから」的なコンテンツが乱立してしまい、コンテンツの質の低下を招くリ...
    2008-06-03 10:11:07
    続きを読む

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]