Google Chromeはブラウザ市場の台風の目?

2008年9月3日 08時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Goolgeが自社開発のウェブブラウザ「Google Chrome」を9月2日にオープンソースプロジェクトとして公開しました。

 Internet Explorerでウェブブラウザのトップシェアを握るMicrosoftに対し、ついにGoogleブラウザが勝負を挑むことになりました。Googleと同じくコアなネットユーザーをファンに抱えるMozilla「Firefox」もシェアを伸ばしています。新たなブラウザ戦争の行方、そしてGoogleのウェブブラウザ戦略はどのようなものになるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    クロームをインストールして間がないのに、もうそのレスポンスの速さに慣れ、メインのブランザーとして手放せなくなりました。しかしだからといって、すべてのユーザーの人たちが速さを第一優先にしているとは思えないし、むしろ慣れているものがいいと言う人もいるわけで、いきなりIEのシェアを大きく奪うということはないように思います。むしろシェアということで影響を受けるのは、ネットのヘビーユーザーが多いFirefoxのほうでしょう。
    ただ、Googleにとっては、開発責任者のライナス氏が語っているように、、Chromのもつブラウジングの速さ、閲覧履歴、ダウンロード履歴のわかりやすさなどの体験価値が基準となって、それぞれのブラウザーにいい影響を与え、それによってブラウザーの価値が広がり豊かになっていけばいいということになります。マーケティングの世界でいう典型的なリーダー戦略でしょう。
    シェアの劇的変化という視点ではなく、そういうブラウザー価値の引き上げ効果という視点では十分に台風の目となるブラウザーではないでしょうか。

    インストールした第一印象は、こちらに書いておきました。
    (リンク »)
    2008-09-04 17:48:09
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加