Google Chromeはブラウザ市場の台風の目?

2008年9月3日 08時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Goolgeが自社開発のウェブブラウザ「Google Chrome」を9月2日にオープンソースプロジェクトとして公開しました。

 Internet Explorerでウェブブラウザのトップシェアを握るMicrosoftに対し、ついにGoogleブラウザが勝負を挑むことになりました。Googleと同じくコアなネットユーザーをファンに抱えるMozilla「Firefox」もシェアを伸ばしています。新たなブラウザ戦争の行方、そしてGoogleのウェブブラウザ戦略はどのようなものになるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 秋元裕樹
    秋元裕樹さん (職業ブロガー、他)
    今Google Chromeからこの書き込みをしています。リリース初版なのに、こういうブラウザが以前からあったと言われても信じてしまいそうなぐらいに完成度が高いですね。

    Google日本語のトップにお薦めダウンロードのリンクが出ていることや、ブラウザの日本語メニューも良く翻訳されていることを見ると、たまにある社員個人や小グループが20%ルールで作ってみたというものとは違うGoogleの本気を感じました。

    あと、Chromeの使用統計データはデフォルトでGoogleに自動送信されるようですね。オプションメニューからオフにできますが、他社が今やるならデフォルトオフで最初にユーザに問い合わせるところかもしれません。Googleらしい気もします。これは僕の勘違いでした。Chromeのダウンロードページでチェックボックスによるオプトインが提示されています。すいません。

    2008-09-03 11:19:34
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加