Google Chromeはブラウザ市場の台風の目?

2008年9月3日 08時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Goolgeが自社開発のウェブブラウザ「Google Chrome」を9月2日にオープンソースプロジェクトとして公開しました。

 Internet Explorerでウェブブラウザのトップシェアを握るMicrosoftに対し、ついにGoogleブラウザが勝負を挑むことになりました。Googleと同じくコアなネットユーザーをファンに抱えるMozilla「Firefox」もシェアを伸ばしています。新たなブラウザ戦争の行方、そしてGoogleのウェブブラウザ戦略はどのようなものになるのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 神田敏晶
    神田敏晶さん (ビデオジャーナリスト)
    Google Chrome 期待以上の出来栄え!

    とにかく、速い!早い!
    これは重量級の動画サイトなどを見るとにはとても便利だ!

    速い理由は、
    「「Google Chrome」には、「WebKit」と呼ばれる、Appleが主導して開発してきたHTML描画エンジンと「Gears」というGoogle独自の技術が組み込まれているという(「WebKit」はMacやiPhoneなどのブラウザ「Safari」に採用されている)。また、JavaScriptの動作を高速にするために「V8」という技術も搭載 」
    ということらしい…。

    しかし、レンダリングエンジンがどうあれ、速いにこしたことはない。

    Googleらしいポイントが2つある。

    1.URLバーと検索バーの融合

    2.空白タブによく使うサイトを表示


    1.URLバーと検索バーの融合は、余計な空白バーがなくなるだけ画面が広く使える。
     これぞ、まさに理想の形体。httpさえ打たなければすべて検索してくれるわけだ。

     しかし、完璧にブラウザこちらに移ってしまうと、GoogleとFireFox(Mojilla)との関係性は今後どうなるのかが心配になってくる。

    2.空白タブによく使うサイトを表示
     空白タブを開くと、今までは空白で(あたりまえか)あったが、Chromeは空白ではなく、よく使うサイトのサムネイルが表示されている。これは便利だぞ。


    それと同時にオンラインマニュアルがすべて、YouTubeというのも今後はありだなと感じた。
    (リンク »)

    細かい点では、問題がいくつかあるが、ブラウザの新しい世界観が開けた!

    いくつか動作しないツールもある。ま、最初はそんなものだ。2週間くらい経てば、社会環境のほうが、Chrome対応になってくることでしょう。

    そこで、さっそく、注文がある!

    タブを開いたあとにも、さらにタブを開きたいと考えているけど、対応してくれないものだろうか?タブの下にさらにタブだ!
    2008-09-03 11:43:38
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加