logo

Y!もOpenID対応、ソーシャルグラフの力とは?

2008年1月21日 14時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 異なるSNSやブログサービスのユーザーの関係性(「ソーシャルグラフ」と呼称される)を共通の規格で結びつける動きが盛んです。GoogleがリリースしたOpenSocialはSNSのソーシャルグラフを扱う共通規格でした。そしてもう一つ注目を集めている規格が、インターネットサービスへのログインを共通化する「OpenID」というものです。米Yahooがサポートを発表したことで全世界のYahooユーザー2億4800万人が加わり、合計3億6800万ものインターネットユーザーがOpenID対応アカウントを利用できるようになるとみられます。OpenIDをはじめとした様々な共通規格が一般化するとき、インターネットサービスはどのような姿になっているのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • RSSと同じで、一般ユーザには普及しないと思います。将来ブラウザが対応するところまで行ったとしても、普及は難しいのではないでしょうか。 大手ネットサービス企業同士のユーザの奪い合いは起こるでしょうけど、それ以外の中小サービスやユーザ側にはOpenIDを使うことで得することが少なすぎます。Yahooのサービスが他社サービスのIDで使え...
  • ソーシャル・グラフという概念は、ハイパーリンクの概念を、人間と人間、人間とモノ、人間と社会といった「人間と何かの関係」に当てはめていくという発想なのだろうなと思っています。 上手に当てはめることができれば、今よりももっと多様な関係性をネットで表現できるようになる。現在SNSやソーシャルニュースやアマゾンのお勧め機能みたいに「個々のサービ...
  • ボクは、今まで全く使っていない新しいサービスを使おうとする時、特に海外のサービスの場合、さらに無名のサイトであれば、非常に気を使ってしまう。しかし、実際に使わなければそのサービスの本質を理解することはできない。 しかし、日頃、自分の使いなれているアカウントやパスワードを使うのは非常に怖いものだ。 そのため、最初のトライ時のパス...
  • Webの標準技術がさらに拡大/普及した近未来世界二対しての個人的期待と懸念については ・携帯電話/ゲーム機/家電をはじめとした各種デバイスでも気軽に使える仕組みになることで社会基盤となっている。 ・(セキュリティとは多少ずれるが)スパム対策が今よりもさらに面倒になってくる可能性がある。(ここがビジネスチャンスかもしれないが) ...
  • 業界の動向として見れば面白いのですが、ユーザーの立場で考えるとIDだけが共通化されたからといって特段メリットが増えるとは思いません。 (多分同じメールアドレスを既にIDとして使い回しているはず) 本来のユーザーメリットとしては、各サービスで個別に管理している自分の履歴やプロフィールを共通化できる方が大きいわけで、そういう観点からす...
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集