Y!もOpenID対応、ソーシャルグラフの力とは?

2008年1月21日 14時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 異なるSNSやブログサービスのユーザーの関係性(「ソーシャルグラフ」と呼称される)を共通の規格で結びつける動きが盛んです。GoogleがリリースしたOpenSocialはSNSのソーシャルグラフを扱う共通規格でした。そしてもう一つ注目を集めている規格が、インターネットサービスへのログインを共通化する「OpenID」というものです。米Yahooがサポートを発表したことで全世界のYahooユーザー2億4800万人が加わり、合計3億6800万ものインターネットユーザーがOpenID対応アカウントを利用できるようになるとみられます。OpenIDをはじめとした様々な共通規格が一般化するとき、インターネットサービスはどのような姿になっているのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 本間毅
    本間毅さん (Business Strategy, Sony Electronics Inc. Digital Reading Business Division)
    業界の動向として見れば面白いのですが、ユーザーの立場で考えるとIDだけが共通化されたからといって特段メリットが増えるとは思いません。
    (多分同じメールアドレスを既にIDとして使い回しているはず)

    本来のユーザーメリットとしては、各サービスで個別に管理している自分の履歴やプロフィールを共通化できる方が大きいわけで、そういう観点からすると、Open IDをきっかけに異なるサービス間の横連携が拡大していく事への期待が大きいです。

    先般のOpen Socialもそうですが、今回のOpen IDも仕組みとしての完成度が最初から高いわけではないので、今後どの程度まで普及・発展するかに注目しています。
    そのためには基本的に日本のサービスも積極的に参加していけば良いと思いますし、サブセットとして日本ならではの商習慣やコミュニケーション方法に合わせた共通基盤を、日本発で作れないものかと思っています。
    2008-01-21 09:22:01
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加