logo

Y!もOpenID対応、ソーシャルグラフの力とは?

2008年1月21日 14時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 異なるSNSやブログサービスのユーザーの関係性(「ソーシャルグラフ」と呼称される)を共通の規格で結びつける動きが盛んです。GoogleがリリースしたOpenSocialはSNSのソーシャルグラフを扱う共通規格でした。そしてもう一つ注目を集めている規格が、インターネットサービスへのログインを共通化する「OpenID」というものです。米Yahooがサポートを発表したことで全世界のYahooユーザー2億4800万人が加わり、合計3億6800万ものインターネットユーザーがOpenID対応アカウントを利用できるようになるとみられます。OpenIDをはじめとした様々な共通規格が一般化するとき、インターネットサービスはどのような姿になっているのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • いちる
    いちるさん (ウェブディレクター)
    ソーシャル・グラフという概念は、ハイパーリンクの概念を、人間と人間、人間とモノ、人間と社会といった「人間と何かの関係」に当てはめていくという発想なのだろうなと思っています。
    上手に当てはめることができれば、今よりももっと多様な関係性をネットで表現できるようになる。現在SNSやソーシャルニュースやアマゾンのお勧め機能みたいに「個々のサービスの特徴的な機能」となっているこれらの要素が、ハイパーリンクくらい誰でも使っていいものになったとき、その上にどんなサービスを作れるんでしょうね? 企画屋としてはとても興味があります。
    2008-01-24 19:02:18
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集