logo

Y!もOpenID対応、ソーシャルグラフの力とは?

2008年1月21日 14時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 異なるSNSやブログサービスのユーザーの関係性(「ソーシャルグラフ」と呼称される)を共通の規格で結びつける動きが盛んです。GoogleがリリースしたOpenSocialはSNSのソーシャルグラフを扱う共通規格でした。そしてもう一つ注目を集めている規格が、インターネットサービスへのログインを共通化する「OpenID」というものです。米Yahooがサポートを発表したことで全世界のYahooユーザー2億4800万人が加わり、合計3億6800万ものインターネットユーザーがOpenID対応アカウントを利用できるようになるとみられます。OpenIDをはじめとした様々な共通規格が一般化するとき、インターネットサービスはどのような姿になっているのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 秋元裕樹
    秋元裕樹さん (職業ブロガー、他)
    RSSと同じで、一般ユーザには普及しないと思います。将来ブラウザが対応するところまで行ったとしても、普及は難しいのではないでしょうか。

    大手ネットサービス企業同士のユーザの奪い合いは起こるでしょうけど、それ以外の中小サービスやユーザ側にはOpenIDを使うことで得することが少なすぎます。Yahooのサービスが他社サービスのIDで使えるようなことが起これば別ですが。

    それでも、バックエンド側での企業間連携や企業内連携には使われる可能性があるので、技術者にとっては重要な規格だと思います。
    2008-04-07 16:36:22
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集