logo
2012年ふりかえり

2012年のテクノロジニュース20--米CNETが振り返るこの1年

CNET News staff  翻訳校正: 川村インターナショナル2012年12月19日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2012年に米CNETが伝えた重要なテクノロジニュース20をランキング形式で紹介し、この1年を振り返る。

第1位 サムスン対Apple

 いがみ合いが生じており、そこにいたのは、Appleとサムスンだった。Appleが自社製品を模倣されたとしてサムスンを訴え、それを受けたサムスンがAppleを反訴してから1年と少しののち、フレネミー(味方のふりをした敵)の関係にある両社は法廷で争い、その裁判は3週間以上続いた。

 最終的に、カリフォルニア州の陪審団はほぼ全面的にAppleに有利な評決を下した。サムスンは実際にAppleの数件の特許および意匠を侵害したと判断された。結果として、10億5000万ドルの損害賠償金の支払いが命じられ、多くのサムスンデバイス(その大半は旧デバイス)の販売が禁止される可能性が浮上した。

 ただし、両社の戦いは決して終わっていない。両社は別の特許および最新デバイス群に関連する案件で、2014年に再び法廷で顔を合わせる予定だ。しかし一部の法律専門家は、その案件の裁判が始まる前に和解が成立する可能性が高いと考えている。

 2012年に米CNETが伝えた重要なテクノロジニュース20をランキング形式で紹介し、この1年を振り返る。

第1位 サムスン対Apple

 いがみ合いが生じており、そこにいたのは、Appleとサムスンだった。Appleが自社製品を模倣されたとしてサムスンを訴え、それを受けたサムスンがAppleを反訴してから1年と少しののち、フレネミー(味方のふりをした敵)の関係にある両社は法廷で争い、その裁判は3週間以上続いた。

 最終的に、カリフォルニア州の陪審団はほぼ全面的にAppleに有利な評決を下した。サムスンは実際にAppleの数件の特許および意匠を侵害したと判断された。結果として、10億5000万ドルの損害賠償金の支払いが命じられ、多くのサムスンデバイス(その大半は旧デバイス)の販売が禁止される可能性が浮上した。

 ただし、両社の戦いは決して終わっていない。両社は別の特許および最新デバイス群に関連する案件で、2014年に再び法廷で顔を合わせる予定だ。しかし一部の法律専門家は、その案件の裁判が始まる前に和解が成立する可能性が高いと考えている。

-PR-企画特集