デザインが特徴的な鉄道車両30選--「フェラーリ」デザイナーによる新幹線も - 15/30

【227系「Red Wing」】
 2015年にデビューした、JR西日本の地方都市部向けの一般型電車。2023年現在、広島エリア、和歌山エリア、岡山・備後エリアの3エリアで使われている。

 広島エリア向けの車両は、「Red Wing」という愛称を持つ。赤色は、もみじや広島東洋カープ、厳島神社の大鳥居などをモチーフとしたもの。また、先頭車同士を連結した際、すき間から線路へ転落することを避ける「転落防止幌」を翼に見立てたことが、愛称の由来だ。

 2023年にデビューした岡山・備後エリア向けの車両愛称は「Urara」(うらら)。こちらは、桃や桜などをイメージした、ピンク色のカラーリングとなっている。

【227系「Red Wing」】
 2015年にデビューした、JR西日本の地方都市部向けの一般型電車。2023年現在、広島エリア、和歌山エリア、岡山・備後エリアの3エリアで使われている。

 広島エリア向けの車両は、「Red Wing」という愛称を持つ。赤色は、もみじや広島東洋カープ、厳島神社の大鳥居などをモチーフとしたもの。また、先頭車同士を連結した際、すき間から線路へ転落することを避ける「転落防止幌」を翼に見立てたことが、愛称の由来だ。

 2023年にデビューした岡山・備後エリア向けの車両愛称は「Urara」(うらら)。こちらは、桃や桜などをイメージした、ピンク色のカラーリングとなっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]