デザインが特徴的な鉄道車両30選--「フェラーリ」デザイナーによる新幹線も - 3/30

【新幹線500系】
 500系は、日本で初めて時速300キロの営業運転を実現した新幹線車両だ。1997年にデビューした後、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」などで活躍してきた。

 2023年現在は山陽新幹線の「こだま」での運転が中心となっているが、その鋭い流線形のデザインにより、今でも根強い人気がある。

 デザインは、ドイツ人のアレクサンダー・ノイマイスター氏が担当した。日本では500系のほか、副都心線などを走る東京メトロ10000系などをデザイン。海外では、ドイツの高速鉄道「ICE」の車両デザインを担当している。

【新幹線500系】
 500系は、日本で初めて時速300キロの営業運転を実現した新幹線車両だ。1997年にデビューした後、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」などで活躍してきた。

 2023年現在は山陽新幹線の「こだま」での運転が中心となっているが、その鋭い流線形のデザインにより、今でも根強い人気がある。

 デザインは、ドイツ人のアレクサンダー・ノイマイスター氏が担当した。日本では500系のほか、副都心線などを走る東京メトロ10000系などをデザイン。海外では、ドイツの高速鉄道「ICE」の車両デザインを担当している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]