デザインが特徴的な鉄道車両30選--「フェラーリ」デザイナーによる新幹線も - 6/30

【787系「36ぷらす3」】
 九州を走る観光列車「36ぷらす3」。博多駅を起点に、6日間かけて九州を一周するコースで運転されている。

 「36ぷらす3」という名称は、世界で36番目に大きな島である九州や、「39(サンキュー!)=『感謝の輪』」という意味を持たせたという。
 
 車両は、特急「かもめ」などに使われている787系。外観は、黒い森をイメージしたという、ブラックメタリックの塗装が特徴だ。車内では、一部の車両が畳敷きとなっている。

【787系「36ぷらす3」】
 九州を走る観光列車「36ぷらす3」。博多駅を起点に、6日間かけて九州を一周するコースで運転されている。

 「36ぷらす3」という名称は、世界で36番目に大きな島である九州や、「39(サンキュー!)=『感謝の輪』」という意味を持たせたという。
 
 車両は、特急「かもめ」などに使われている787系。外観は、黒い森をイメージしたという、ブラックメタリックの塗装が特徴だ。車内では、一部の車両が畳敷きとなっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]