デザインが特徴的な鉄道車両30選--「フェラーリ」デザイナーによる新幹線も - 9/30

【8600系「しおかぜ」「いしづち」】
 2014年にデビューした、JR四国の特急型電車。岡山と松山を結ぶ特急「しおかぜ」、高松と松山を結ぶ特急「いしづち」などに使われている。

 鉄道車両のデザインは、車両メーカーの社員や工業デザイナーなど、社外の人物が担当することが多い。しかし8600系の場合は、JR四国の社員がデザインを担当したことが特徴的だ。以降のJR四国の車両も、デザインは社内で検討しているという。

【8600系「しおかぜ」「いしづち」】
 2014年にデビューした、JR四国の特急型電車。岡山と松山を結ぶ特急「しおかぜ」、高松と松山を結ぶ特急「いしづち」などに使われている。

 鉄道車両のデザインは、車両メーカーの社員や工業デザイナーなど、社外の人物が担当することが多い。しかし8600系の場合は、JR四国の社員がデザインを担当したことが特徴的だ。以降のJR四国の車両も、デザインは社内で検討しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]