デザインが特徴的な鉄道車両30選--「フェラーリ」デザイナーによる新幹線も - 16/30

【東武N100系「スペーシア X」】
 2023年7月にデビューした、東武鉄道の新たなフラッグシップ特急「スペーシア X」。日光金谷ホテルや大使館別荘などをモチーフとした客室や、私鉄最大級だという定員7人の個室、オリジナルのクラフトビールやコーヒーなどを提供するカフェカウンターなどをそなえる。

 車両愛称の「X」には、鹿沼組子の「X」模様や、旅体験(Experience)、乗客に提供する様々な価値(Excellent)、この車両が文化や人々が交わり(cross=『X』)縁をつくる存在であること、未知なる(X)可能性を秘めた存在であること、などの意味を込めたという。

【東武N100系「スペーシア X」】
 2023年7月にデビューした、東武鉄道の新たなフラッグシップ特急「スペーシア X」。日光金谷ホテルや大使館別荘などをモチーフとした客室や、私鉄最大級だという定員7人の個室、オリジナルのクラフトビールやコーヒーなどを提供するカフェカウンターなどをそなえる。

 車両愛称の「X」には、鹿沼組子の「X」模様や、旅体験(Experience)、乗客に提供する様々な価値(Excellent)、この車両が文化や人々が交わり(cross=『X』)縁をつくる存在であること、未知なる(X)可能性を秘めた存在であること、などの意味を込めたという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]