logo

米空軍の歴代航空機--米空軍博物館で見る軍用機の数々 - 27/27

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この「B-1B」(愛称は「Lancer」)は、1984年に初飛行を行った多目的重爆撃機だ。国立米空軍博物館は「B-1Bは翼胴形態と可変翼設計、ターボファンエンジンを組み合わせて、海面高度で優れた航続距離と高速度(マッハ1.2)を実現した。B-1Bは前方監視レーダーと地形追随レーダーを搭載。地上で動く標的を検知する機器も備えていた。極めて精度の高い(GPSや)慣性航行システム、ドップラーレーダー、電波高度計が搭載されていたため、乗組員は地上の拠点からのナビゲーションがなくても、世界中を正確に航行することができた」としている。B-1Bは1998年に戦闘で使用され、コソボとアフガニスタンでも使用された。2002年、米空軍はコスト削減策としてB-1Bの機数を減らし始めた。

 この「B-1B」(愛称は「Lancer」)は、1984年に初飛行を行った多目的重爆撃機だ。国立米空軍博物館は「B-1Bは翼胴形態と可変翼設計、ターボファンエンジンを組み合わせて、海面高度で優れた航続距離と高速度(マッハ1.2)を実現した。B-1Bは前方監視レーダーと地形追随レーダーを搭載。地上で動く標的を検知する機器も備えていた。極めて精度の高い(GPSや)慣性航行システム、ドップラーレーダー、電波高度計が搭載されていたため、乗組員は地上の拠点からのナビゲーションがなくても、世界中を正確に航行することができた」としている。B-1Bは1998年に戦闘で使用され、コソボとアフガニスタンでも使用された。2002年、米空軍はコスト削減策としてB-1Bの機数を減らし始めた。

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]