logo

米空軍の歴代航空機--米空軍博物館で見る軍用機の数々 - 25/27

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 これは、ネブラスカ州アッシュランドの戦略航空宇宙博物館に展示されている「SR-71 Blackbird」だ。国立米空軍博物館もBlackbirdを1機所有している。SR-71 Blackbirdは計32機が生産された。同博物館によると、SR-71は「Lockheedの航空機『A-12』と『YF-12A』を基に開発された先進的な長距離戦略偵察機」だったという。「SR-71の初飛行は、1964年12月22日に行われた。初めて任務に投入されたSR-71は1966年1月、カリフォルニア州のビール空軍基地の第4200(後の第9)戦略偵察航空団に配備された」(国立米空軍博物館)

 「米空軍は1990年1月26日、防衛予算の縮小と運用コストの高さを理由にSR-71をすべて退役させた」(同博物館)

 「24年近い現役期間を通して、SR-71は世界で最も速く、最高高度を飛行する作戦機であり続けた。高度8万フィート(約2万4380m)から、1時間に10万平方マイル(約25万9000平方km)の地表を偵察することができた。1976年7月28日、SR-71はそのクラスで2つの世界記録を樹立した。時速2193.167マイル(約3530km)の対地速度記録と高度8万5068.997フィート(約2万5930m)の絶対高度記録だ」(同博物館)

 これは、ネブラスカ州アッシュランドの戦略航空宇宙博物館に展示されている「SR-71 Blackbird」だ。国立米空軍博物館もBlackbirdを1機所有している。SR-71 Blackbirdは計32機が生産された。同博物館によると、SR-71は「Lockheedの航空機『A-12』と『YF-12A』を基に開発された先進的な長距離戦略偵察機」だったという。「SR-71の初飛行は、1964年12月22日に行われた。初めて任務に投入されたSR-71は1966年1月、カリフォルニア州のビール空軍基地の第4200(後の第9)戦略偵察航空団に配備された」(国立米空軍博物館)

 「米空軍は1990年1月26日、防衛予算の縮小と運用コストの高さを理由にSR-71をすべて退役させた」(同博物館)

 「24年近い現役期間を通して、SR-71は世界で最も速く、最高高度を飛行する作戦機であり続けた。高度8万フィート(約2万4380m)から、1時間に10万平方マイル(約25万9000平方km)の地表を偵察することができた。1976年7月28日、SR-71はそのクラスで2つの世界記録を樹立した。時速2193.167マイル(約3530km)の対地速度記録と高度8万5068.997フィート(約2万5930m)の絶対高度記録だ」(同博物館)

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]