logo

米空軍の歴代航空機--米空軍博物館で見る軍用機の数々 - 15/27

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 国立米空軍博物館は、第二次世界大戦で使用された「B-17」(愛称は「Flying Fortress」)を、「これまでに作られた飛行機の中で最も有名なものの1つ」としている。B-17は1935年7月に初飛行を行い、最終的に第二次世界大戦のすべての戦闘地域を飛行した。「ドイツの工業地帯を標的とする昼間の戦略爆撃に使用されたことが最も有名」だという。合計生産数は1万2726機。

 国立米空軍博物館は、第二次世界大戦で使用された「B-17」(愛称は「Flying Fortress」)を、「これまでに作られた飛行機の中で最も有名なものの1つ」としている。B-17は1935年7月に初飛行を行い、最終的に第二次世界大戦のすべての戦闘地域を飛行した。「ドイツの工業地帯を標的とする昼間の戦略爆撃に使用されたことが最も有名」だという。合計生産数は1万2726機。

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]