logo

米空軍の歴代航空機--米空軍博物館で見る軍用機の数々 - 6/27

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 英国の有名な「Sopwith F-1 Camel」。Camelは第一次世界大戦のほかのどんな戦闘機よりも多くの敵機を撃墜した。国立米空軍博物館によると、同機が初めて運用されたのは1917年6月のことで、英陸軍航空隊と英海軍航空隊、さらに2つの米陸軍航空隊も戦闘でCamelを飛ばしたという。

 エースパイロットRed BaronもCamelに撃墜されたと言われている。

 英国の有名な「Sopwith F-1 Camel」。Camelは第一次世界大戦のほかのどんな戦闘機よりも多くの敵機を撃墜した。国立米空軍博物館によると、同機が初めて運用されたのは1917年6月のことで、英陸軍航空隊と英海軍航空隊、さらに2つの米陸軍航空隊も戦闘でCamelを飛ばしたという。

 エースパイロットRed BaronもCamelに撃墜されたと言われている。

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]