logo

米空軍の歴代航空機--米空軍博物館で見る軍用機の数々 - 18/27

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「B-52」(愛称は「Stratofortress」)の写真。国立米空軍博物館によると、B-52は1955年に運用が開始され、それから長年にわたって(特に冷戦時代)、米空軍の主要な長距離重爆撃機として使用されたという。実は、B-52はまだ現役であり、2040年まで運用される可能性もある。750機近くが生産され、1962年に生産が終了した。1965年には東南アジアでの戦闘に投入されている。「1973年8月までの戦闘出撃回数は12万6615回。敵の攻撃で17機が撃墜された」(同博物館)

 「B-52」(愛称は「Stratofortress」)の写真。国立米空軍博物館によると、B-52は1955年に運用が開始され、それから長年にわたって(特に冷戦時代)、米空軍の主要な長距離重爆撃機として使用されたという。実は、B-52はまだ現役であり、2040年まで運用される可能性もある。750機近くが生産され、1962年に生産が終了した。1965年には東南アジアでの戦闘に投入されている。「1973年8月までの戦闘出撃回数は12万6615回。敵の攻撃で17機が撃墜された」(同博物館)

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]