logo

米空軍の歴代航空機--米空軍博物館で見る軍用機の数々 - 19/27

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 これは東南アジアで使用された「UC-123 Ranch Hand」(「Patches」)だ。国立米空軍博物館によると、Ranch Handの乗組員は枯葉剤を散布してジャングルを枯らすことによって、敵がジャングルで車両やボートを奇襲できないようにしたという。同博物館は「この任務を遂行するため、Ranch Handの乗組員は重武装した敵の上で、(同機を)非常に低い高度でまっすぐに飛ばした」と説明している。Ranch Handは頻繁に被弾したため、東南アジアで最も多く被弾した米空軍機という評判が確立した。

 これは東南アジアで使用された「UC-123 Ranch Hand」(「Patches」)だ。国立米空軍博物館によると、Ranch Handの乗組員は枯葉剤を散布してジャングルを枯らすことによって、敵がジャングルで車両やボートを奇襲できないようにしたという。同博物館は「この任務を遂行するため、Ranch Handの乗組員は重武装した敵の上で、(同機を)非常に低い高度でまっすぐに飛ばした」と説明している。Ranch Handは頻繁に被弾したため、東南アジアで最も多く被弾した米空軍機という評判が確立した。

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]