logo

米空軍の歴代航空機--米空軍博物館で見る軍用機の数々 - 4/27

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この1918年式の風洞はオハイオ州デイトンのマコックフィールドで製造されたもの。国立米空軍博物館は次のように説明する。「直径60インチ(約152.4cm)のブレード24枚を使用するこの風洞は、直径14インチ(約35.56cm)の狭い測定部で最大時速453マイル(約729km)の気流を作り出した」

 「この風洞は、対気速度計の目盛りの修正や翼のテストに使われた。測定する物体を狭い測定部に設置し、ガラスドア越しに観察する。測定中、空気は風洞の小さい方の端から中へ吸い込まれ、ファンが設置されている大きい方の端から排出される」

 この1918年式の風洞はオハイオ州デイトンのマコックフィールドで製造されたもの。国立米空軍博物館は次のように説明する。「直径60インチ(約152.4cm)のブレード24枚を使用するこの風洞は、直径14インチ(約35.56cm)の狭い測定部で最大時速453マイル(約729km)の気流を作り出した」

 「この風洞は、対気速度計の目盛りの修正や翼のテストに使われた。測定する物体を狭い測定部に設置し、ガラスドア越しに観察する。測定中、空気は風洞の小さい方の端から中へ吸い込まれ、ファンが設置されている大きい方の端から排出される」

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]