logo

「iOS 6」に欲しいもの--20の可能性を勝手に予測 - 4/20

Zack Whittaker (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2012年05月22日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4:iOS向けの「AirDrop」

 Macで「AirDrop」が使えるのであれば、iOS機器でも使えてよいのではないだろうか?AirDropが使えるようになれば、ユーザーは他のMacとの間で手っ取り早くネットワーク接続を確立し、ファイルの共有を行えるようになる。AppleがOS Xを「iOS化」している現状に目を向ければ、iOS機器でもMacと同様のファイル共有を可能にするのが理に適っているはずだ。ただ問題は、iOS機器がサポートしているファイルタイプの種類が少ないという点にある。この問題を解消すれば、iPhoneやiPadは高価なUSBドライブに姿を変えることになる。あるいは、Apple側でサポートしているファイルタイプに応じてファイルの送信可否を決定するという方法もあるはずだ。これが無理な理由はないように思える。

4:iOS向けの「AirDrop」

 Macで「AirDrop」が使えるのであれば、iOS機器でも使えてよいのではないだろうか?AirDropが使えるようになれば、ユーザーは他のMacとの間で手っ取り早くネットワーク接続を確立し、ファイルの共有を行えるようになる。AppleがOS Xを「iOS化」している現状に目を向ければ、iOS機器でもMacと同様のファイル共有を可能にするのが理に適っているはずだ。ただ問題は、iOS機器がサポートしているファイルタイプの種類が少ないという点にある。この問題を解消すれば、iPhoneやiPadは高価なUSBドライブに姿を変えることになる。あるいは、Apple側でサポートしているファイルタイプに応じてファイルの送信可否を決定するという方法もあるはずだ。これが無理な理由はないように思える。

提供:ZDNet

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]