logo

フォトレポート:太陽系の天体たち--宇宙探査機から届いた神秘の世界 - 13/20

文:Selena Frye(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年05月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2004年9月中旬に土星の南半球に現れた、巨大で明るく複雑な対流嵐は、リングがあるこの惑星についての長年の謎を解く鍵だった。

 この画像では、土星の大気とそのリングが、疑似色合成画像で示されている。これは、さまざまな量のメタンガスを検知するフィルタを使って、近赤外線で撮影したCassiniの画像から作成されたものだ。雲の上にメタンガスが大量に存在する場合、その部分の大気は赤色で示されており、大気中で高度が低いところに雲が存在することを示している。灰色は高い高度にある雲を示しており、茶色は中間的な高度の雲を示している。リングの粒子とカメラの間にはメタンガスが存在しないため、リングは明るい青色になっている。

 中心から少し右上にある、腕のような形と二次的な延長部分を持つ複雑な構造は、ドラゴンストームと呼ばれている。ドラゴンストームは、南半球の1地域に位置しており、2007年にCassiniで活発な嵐の活動が観測されたことから、イメージング研究者たちはこの地域を「嵐の通路」と呼んでいる。

 Cassini-Huygensミッションに関する詳しい情報は、http://saturn.jpl.nasa.govにある。画像は、Cassiniイメージングチームのホームページhttp://ciclops.orgで見ることができる。

 2004年9月中旬に土星の南半球に現れた、巨大で明るく複雑な対流嵐は、リングがあるこの惑星についての長年の謎を解く鍵だった。

 この画像では、土星の大気とそのリングが、疑似色合成画像で示されている。これは、さまざまな量のメタンガスを検知するフィルタを使って、近赤外線で撮影したCassiniの画像から作成されたものだ。雲の上にメタンガスが大量に存在する場合、その部分の大気は赤色で示されており、大気中で高度が低いところに雲が存在することを示している。灰色は高い高度にある雲を示しており、茶色は中間的な高度の雲を示している。リングの粒子とカメラの間にはメタンガスが存在しないため、リングは明るい青色になっている。

 中心から少し右上にある、腕のような形と二次的な延長部分を持つ複雑な構造は、ドラゴンストームと呼ばれている。ドラゴンストームは、南半球の1地域に位置しており、2007年にCassiniで活発な嵐の活動が観測されたことから、イメージング研究者たちはこの地域を「嵐の通路」と呼んでいる。

 Cassini-Huygensミッションに関する詳しい情報は、http://saturn.jpl.nasa.govにある。画像は、Cassiniイメージングチームのホームページhttp://ciclops.orgで見ることができる。

提供:NASA/JPL/Space Science Institute

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]