logo

フォトレポート:太陽系の天体たち--宇宙探査機から届いた神秘の世界 - 8/20

文:Selena Frye(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年05月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 巨大な土星が暗黒の中に浮かび、太陽の目もくらむような光から「Cassini」を遮る中で、Cassiniはこれまでにはない形で土星のリングを撮影した。以前は知られていなかった薄いリングも見えている。

 この素晴らしいパノラマビューは、Cassiniの広角カメラで2006年9月15日に3時間近くかけて撮影した、合計165枚の画像を合成して作られた。モザイク画像全体は、9つの広角カメラ撮影範囲を3列並べたもので構成される。ここに示しているのは、モザイク画像全体のごく一部だ。この画像の色は、紫外線、赤外線、クリアの各フィルタによる画像をデジタル合成して作成し、その後自然の色に近くなるよう調整したものだ。

 モザイク画像は、Cassiniが約12時間かけて土星の影を進む間に撮影された。その間、土星の薄いリングを構成している微細な粒子について、これまでにない観測を何度も行うことができた。

 巨大な土星が暗黒の中に浮かび、太陽の目もくらむような光から「Cassini」を遮る中で、Cassiniはこれまでにはない形で土星のリングを撮影した。以前は知られていなかった薄いリングも見えている。

 この素晴らしいパノラマビューは、Cassiniの広角カメラで2006年9月15日に3時間近くかけて撮影した、合計165枚の画像を合成して作られた。モザイク画像全体は、9つの広角カメラ撮影範囲を3列並べたもので構成される。ここに示しているのは、モザイク画像全体のごく一部だ。この画像の色は、紫外線、赤外線、クリアの各フィルタによる画像をデジタル合成して作成し、その後自然の色に近くなるよう調整したものだ。

 モザイク画像は、Cassiniが約12時間かけて土星の影を進む間に撮影された。その間、土星の薄いリングを構成している微細な粒子について、これまでにない観測を何度も行うことができた。

提供:NASA/JPL/Space Science Institute

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]