logo

フォトレポート:太陽系の天体たち--宇宙探査機から届いた神秘の世界 - 10/20

文:Selena Frye(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年05月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 太陽や惑星がある太陽圏は、太陽から吹き出す高速の太陽風で内側から膨らんだ、大きな泡のようなものだ。

 太陽風の圧力は、周囲にある星間物質の圧力とともに、太陽圏の大きさと形を決めている。太陽圏には、星間物質から届く銀河放射線の10分の1を遮へいする役割もある。「IBEX」は、この境界で起こっている目に見えない相互作用を観測する、初めての宇宙探査機だ。

 超音速の太陽風の流れは、太陽系の一番内側の境界である、末端衝撃波面で急激に遅くなる。太陽系の端はヘリオポーズである。ヘリオポーズが銀河をかき分けて進むにつれて、弧状衝撃波が星間物質の間を押し進んでいく。

 太陽や惑星がある太陽圏は、太陽から吹き出す高速の太陽風で内側から膨らんだ、大きな泡のようなものだ。

 太陽風の圧力は、周囲にある星間物質の圧力とともに、太陽圏の大きさと形を決めている。太陽圏には、星間物質から届く銀河放射線の10分の1を遮へいする役割もある。「IBEX」は、この境界で起こっている目に見えない相互作用を観測する、初めての宇宙探査機だ。

 超音速の太陽風の流れは、太陽系の一番内側の境界である、末端衝撃波面で急激に遅くなる。太陽系の端はヘリオポーズである。ヘリオポーズが銀河をかき分けて進むにつれて、弧状衝撃波が星間物質の間を押し進んでいく。

提供:NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]