logo

フォトレポート:太陽系の天体たち--宇宙探査機から届いた神秘の世界 - 5/20

文:Selena Frye(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年05月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Voyager 2号」によるこのドラマチックな写真は、天王星のリング全体で小さな粒子が連続的に分布している様子を示している。Voyager 2号はこの画像を、天王星から23万6000kmの距離で、天王星の影の中から撮影した。解像度は約33kmである。

 この独特の形状はVoyagerが最大の位相角でリングを撮影したもので、ほかの角度からは見えない微細なちり粒子の線を見ることができる。以前から知られているリングはすべて写っているが、この画像で最も明るく写っている部分のいくつかは、以前は観測されていなかった明るいちりの線である。

 この独特の形状と、96秒という長い露出時間を組み合わせ、Voyagerの広角カメラのクリアフィルタを通して撮影することで、この目を見張るような観測が可能になった。この長時間露出によって、目に見える不均一なしみと、星が動いた跡の線ができている。

 Voyager計画は、NASAのためにジェット推進研究所(JPL)によって管理された。

 「Voyager 2号」によるこのドラマチックな写真は、天王星のリング全体で小さな粒子が連続的に分布している様子を示している。Voyager 2号はこの画像を、天王星から23万6000kmの距離で、天王星の影の中から撮影した。解像度は約33kmである。

 この独特の形状はVoyagerが最大の位相角でリングを撮影したもので、ほかの角度からは見えない微細なちり粒子の線を見ることができる。以前から知られているリングはすべて写っているが、この画像で最も明るく写っている部分のいくつかは、以前は観測されていなかった明るいちりの線である。

 この独特の形状と、96秒という長い露出時間を組み合わせ、Voyagerの広角カメラのクリアフィルタを通して撮影することで、この目を見張るような観測が可能になった。この長時間露出によって、目に見える不均一なしみと、星が動いた跡の線ができている。

 Voyager計画は、NASAのためにジェット推進研究所(JPL)によって管理された。

提供:JPL

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]