logo

フォトレポート:太陽系の天体たち--宇宙探査機から届いた神秘の世界 - 18/20

文:Selena Frye(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年05月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この金星表面の全球画像では、中央が東経180度にあたる。Magellan望遠鏡が第1期のマッピング作業で撮影した、合成開口レーダによるモザイク画像を、コンピュータシミュレーションで作成した天体上にマッピングして、この画像を作成している。

 データのギャップは、「Pioneer Venus Orbiter」のデータ、または一定の中間値で補ってある。小規模の構造を強調するために、シミュレーションによる色を使用している。シミュレーションされた色相は、旧ソ連の探査機「Venera 13号」および「Venera 14号」で撮影したカラー画像を基にしている。

 この金星表面の全球画像では、中央が東経180度にあたる。Magellan望遠鏡が第1期のマッピング作業で撮影した、合成開口レーダによるモザイク画像を、コンピュータシミュレーションで作成した天体上にマッピングして、この画像を作成している。

 データのギャップは、「Pioneer Venus Orbiter」のデータ、または一定の中間値で補ってある。小規模の構造を強調するために、シミュレーションによる色を使用している。シミュレーションされた色相は、旧ソ連の探査機「Venera 13号」および「Venera 14号」で撮影したカラー画像を基にしている。

提供:NASA/JPL

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]