logo

フォトレポート:太陽系の天体たち--宇宙探査機から届いた神秘の世界 - 3/20

文:Selena Frye(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年05月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 このカラー画像は、火星のユートピア平原の地表に、水の氷霜の薄い層があることを示している。この画像は、「Viking 2号Lander」のカメラ2によって、1979年5月18日に撮影されたものだ。この日は、この宇宙探査機が同じ場所で霜を撮影してからほぼ1火星年(687日)後にあたる。

 この霜の層は、わずか1000分の数cmの厚さだと考えられている。大気中のちりの粒子が、わずかな水分を集めると推測されている。二酸化炭素が凍るほど温度が下がると、その一部はちりや氷に付着し、地表に落下する。この画像は南南東方向を見ており、右側の長く大きな岩はおよそ幅1mだ。

 このカラー画像は、火星のユートピア平原の地表に、水の氷霜の薄い層があることを示している。この画像は、「Viking 2号Lander」のカメラ2によって、1979年5月18日に撮影されたものだ。この日は、この宇宙探査機が同じ場所で霜を撮影してからほぼ1火星年(687日)後にあたる。

 この霜の層は、わずか1000分の数cmの厚さだと考えられている。大気中のちりの粒子が、わずかな水分を集めると推測されている。二酸化炭素が凍るほど温度が下がると、その一部はちりや氷に付着し、地表に落下する。この画像は南南東方向を見ており、右側の長く大きな岩はおよそ幅1mだ。

提供:NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]