logo

フォトレポート:太陽系の天体たち--宇宙探査機から届いた神秘の世界 - 14/20

文:Selena Frye(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年05月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この画像には、NASAの「Phoenix Mars Lander」のソーラーパネルと、シャベルに試料の入ったロボットアームが写っている。この画像は、Phoenix Mars Landerの火星日16日(2008年6月10日)、つまり着陸から16火星日後に、地表ステレオ撮像装置によって撮影されたもので、西方向が写っている。この画像は、試料を光学顕微鏡に運ぶ直前に撮影された。これは、着陸地点全体をカラーで示した、「ミッション成功」パノラマ写真の一部だ。

 Phoenixミッションは、NASAに代わって、アリゾナ州トゥーソンのアリゾナ大学が中心になって実施した。このミッションのプロジェクト管理は、カリフォルニア州パサデナにあるNASAのジェット推進研究所(JPL)が行った。宇宙船の開発は、コロラド州デンバーのLockheed Martin Space Systemsが行った。

 この画像には、NASAの「Phoenix Mars Lander」のソーラーパネルと、シャベルに試料の入ったロボットアームが写っている。この画像は、Phoenix Mars Landerの火星日16日(2008年6月10日)、つまり着陸から16火星日後に、地表ステレオ撮像装置によって撮影されたもので、西方向が写っている。この画像は、試料を光学顕微鏡に運ぶ直前に撮影された。これは、着陸地点全体をカラーで示した、「ミッション成功」パノラマ写真の一部だ。

 Phoenixミッションは、NASAに代わって、アリゾナ州トゥーソンのアリゾナ大学が中心になって実施した。このミッションのプロジェクト管理は、カリフォルニア州パサデナにあるNASAのジェット推進研究所(JPL)が行った。宇宙船の開発は、コロラド州デンバーのLockheed Martin Space Systemsが行った。

提供:NASA/JPL-Caltech/University of Arizona/Texas A&M University

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]