logo

フォトレポート:美しいブラックホールの数々 - 5/17

CNET News staff  翻訳校正: 川村インターナショナル2013年03月16日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Chandra X線観測衛星で9つの楕円銀河の内部を調査することによって、科学者は、ガスがそれらの銀河の超大質量ブラックホールに向かって落ちていく速度を試算できるようになった。これらの画像のおかげで、彼らは高温のX線ガス内で電波を放射する泡を発生させるのに必要なエネルギーを試算することもできた。

 この「NGC 4696」の合成画像には、巨大な高温ガスの雲(赤色)が写っている。この雲は、超大質量ブラックホール周囲の明るい白色の部分の両側で、直径1万光年の高エネルギーの泡(青色)を囲っている。この調査で撮影されたほかの銀河の画像も、同様の構造を示している(画像内の緑色の点は、銀河の外縁にある星団から放射された赤外線を示している)。

 Chandra X線観測衛星で9つの楕円銀河の内部を調査することによって、科学者は、ガスがそれらの銀河の超大質量ブラックホールに向かって落ちていく速度を試算できるようになった。これらの画像のおかげで、彼らは高温のX線ガス内で電波を放射する泡を発生させるのに必要なエネルギーを試算することもできた。

 この「NGC 4696」の合成画像には、巨大な高温ガスの雲(赤色)が写っている。この雲は、超大質量ブラックホール周囲の明るい白色の部分の両側で、直径1万光年の高エネルギーの泡(青色)を囲っている。この調査で撮影されたほかの銀河の画像も、同様の構造を示している(画像内の緑色の点は、銀河の外縁にある星団から放射された赤外線を示している)。

提供: X-ray: NASA/CXC/KIPAC/S.Allen et al; Radio: NRAO/VLA/G.Taylor; Infrared: NASA/ESA/McMaster Univ./W.Harris

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]