logo

フォトレポート:美しいブラックホールの数々 - 15/17

CNET News staff  翻訳校正: 川村インターナショナル2013年03月16日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 地球から1100万光年の距離にある「M82」は、地球に最も近いスターバースト銀河だ。M82では、われわれの銀河系の10倍以上の速度で大質量星の形成と死が起こっている。中心部の明るい部分は、超新星残骸とX線連星だ。

 これらは、知られている最も明るい物体の1つだ。X線連星の輝度は、大半がブラックホールを内包していることを示唆する。画像内の拡散するX線光は、数千光年の範囲に及び、M82から放射される数百万度のガスによって引き起こされている。この1億年の間に巨大銀河「M81」と近接遭遇したことが、スターバースト活動の原因と考えられている。

 地球から1100万光年の距離にある「M82」は、地球に最も近いスターバースト銀河だ。M82では、われわれの銀河系の10倍以上の速度で大質量星の形成と死が起こっている。中心部の明るい部分は、超新星残骸とX線連星だ。

 これらは、知られている最も明るい物体の1つだ。X線連星の輝度は、大半がブラックホールを内包していることを示唆する。画像内の拡散するX線光は、数千光年の範囲に及び、M82から放射される数百万度のガスによって引き起こされている。この1億年の間に巨大銀河「M81」と近接遭遇したことが、スターバースト活動の原因と考えられている。

提供: NASA/CXC/SAO/PSU/CMU

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]