logo

フォトレポート:美しいブラックホールの数々 - 13/17

CNET News staff  翻訳校正: 川村インターナショナル2013年03月16日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Chandra X線観測衛星が撮影した「Messier 82(M82)」の画像は、急速な星形成の結果を示している。M82は地球から約1200万光年の距離にあり、宇宙が今よりもずっと若く、多くの星形成が起こっていた時代によく似た環境を持つ場所としては、地球に最も近い。

 M82は、星形成が普通の銀河より数十倍~数百倍速いペースで起こるスターバースト銀河だ。星が誕生するときの爆発は、別の銀河との近接遭遇や衝突によって引き起こされている可能性があり、銀河の至る所に衝撃波を放射する。M82の場合は、数百万年前に近くの銀河「M81」と接触したことで、このような急激な星形成が始まった、と天文学者は考えている。

 Chandra X線観測衛星が撮影した「Messier 82(M82)」の画像は、急速な星形成の結果を示している。M82は地球から約1200万光年の距離にあり、宇宙が今よりもずっと若く、多くの星形成が起こっていた時代によく似た環境を持つ場所としては、地球に最も近い。

 M82は、星形成が普通の銀河より数十倍~数百倍速いペースで起こるスターバースト銀河だ。星が誕生するときの爆発は、別の銀河との近接遭遇や衝突によって引き起こされている可能性があり、銀河の至る所に衝撃波を放射する。M82の場合は、数百万年前に近くの銀河「M81」と接触したことで、このような急激な星形成が始まった、と天文学者は考えている。

提供: NASA/CXC/Wesleyan/R.Kilgard et al.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]