logo

フォトレポート:美しいブラックホールの数々 - 7/17

CNET News staff  翻訳校正: 川村インターナショナル2013年03月16日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「サウロンの目」と呼ばれることもある「NGC 4151」は、りょうけん座の活発な「セイファート1型」銀河だ。地球から3900万光年の距離にあり、超大質量ブラックホールを内包する銀河の中で最も近くにあるものの1つだ。超大質量ブラックホールはX線で明るく輝いている。

 左と中央の画像は、それぞれSwift紫外/可視光望遠鏡の可視光望遠鏡(v、b、およびuフィルター)と紫外望遠鏡(uvw1、uvm2、およびuvw2フィルター)で撮影されたものだ。紫外望遠鏡で撮影された画像の方が、外周部の渦状腕を確認しやすいことに注意してほしい。右の画像には、SwiftのX線望遠鏡から観察したX線(0.2~10keV)が写っている。

 「サウロンの目」と呼ばれることもある「NGC 4151」は、りょうけん座の活発な「セイファート1型」銀河だ。地球から3900万光年の距離にあり、超大質量ブラックホールを内包する銀河の中で最も近くにあるものの1つだ。超大質量ブラックホールはX線で明るく輝いている。

 左と中央の画像は、それぞれSwift紫外/可視光望遠鏡の可視光望遠鏡(v、b、およびuフィルター)と紫外望遠鏡(uvw1、uvm2、およびuvw2フィルター)で撮影されたものだ。紫外望遠鏡で撮影された画像の方が、外周部の渦状腕を確認しやすいことに注意してほしい。右の画像には、SwiftのX線望遠鏡から観察したX線(0.2~10keV)が写っている。

提供: NASA/Swift/S. Immler

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]