logo

フォトレポート:美しいブラックホールの数々 - 14/17

CNET News staff  翻訳校正: 川村インターナショナル2013年03月16日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Chandra X線観測衛星によって撮影されたこの画像は、M82の点状の「超大光度」X線源の種族を強調するためにカラー化されている。M82は地球から1100万光年の距離にあるスターバースト銀河だ。

 赤色は低エネルギーバンド、緑色は中エネルギー、青色は観測された中で最も高いエネルギーを表している。白色と黄色の超大光度X線源は、低エネルギーと高エネルギー両方のX線を大量に放射する。

 われわれの銀河系にある同様のX線源の10倍~数百倍のX線を放射する超大光度X線源は、大質量ブラックホールか、地球の方向にエネルギーを放射しているブラックホールのどちらかだと考えられている。画像の中心近くにある最も明るい点状の超大光度X線源は、現在までにあらゆる銀河で発見された超大光度X線源の中で、最も強力なものだ。

 Chandra X線観測衛星によって撮影されたこの画像は、M82の点状の「超大光度」X線源の種族を強調するためにカラー化されている。M82は地球から1100万光年の距離にあるスターバースト銀河だ。

 赤色は低エネルギーバンド、緑色は中エネルギー、青色は観測された中で最も高いエネルギーを表している。白色と黄色の超大光度X線源は、低エネルギーと高エネルギー両方のX線を大量に放射する。

 われわれの銀河系にある同様のX線源の10倍~数百倍のX線を放射する超大光度X線源は、大質量ブラックホールか、地球の方向にエネルギーを放射しているブラックホールのどちらかだと考えられている。画像の中心近くにある最も明るい点状の超大光度X線源は、現在までにあらゆる銀河で発見された超大光度X線源の中で、最も強力なものだ。

提供: NASA/SAO/G.Fabbiano et al.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]