logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2009年の技術 - 9/17

文:Jonathan E. Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Burn Fluid Resuscitation Decision Support System(BRDSS)」は米陸軍外科研究所(Institute of Surgical Research)が開発したソフトウェアアプリケーションだ。普段は火傷を負った患者の手当をしない野戦病院の医療スタッフ向けに設計されたもの。米陸軍によると、「BRDSSはアルゴリズムを利用して、静脈内輸液の量に関する助言を生成し、火傷発生後の最初の48時間以内に輸液のバランスを改善する。不十分な治療法や、過度な治療法に伴う合併症を避けることを目指す」という。何よりも重要なのは、BRDSSを利用することで、医療スタッフが患者の体重や火傷の面積に応じて静脈内輸液の量を調節できるということだ。BRDSSは2009年4月に実戦での使用が開始された。

 「Burn Fluid Resuscitation Decision Support System(BRDSS)」は米陸軍外科研究所(Institute of Surgical Research)が開発したソフトウェアアプリケーションだ。普段は火傷を負った患者の手当をしない野戦病院の医療スタッフ向けに設計されたもの。米陸軍によると、「BRDSSはアルゴリズムを利用して、静脈内輸液の量に関する助言を生成し、火傷発生後の最初の48時間以内に輸液のバランスを改善する。不十分な治療法や、過度な治療法に伴う合併症を避けることを目指す」という。何よりも重要なのは、BRDSSを利用することで、医療スタッフが患者の体重や火傷の面積に応じて静脈内輸液の量を調節できるということだ。BRDSSは2009年4月に実戦での使用が開始された。

提供:U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]