logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2009年の技術

文:Jonathan E. Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米陸軍は毎年、兵士とサポートスタッフの発明の才をたたえ、前年の発明品トップ10というリストを作成している。そのリストの発表時期は毎年遅くなっているようだ。われわれが2007年に初めてこの発明品リストを追い始めたとき、発表は6月に行われたが、その後9月になり、最新のリストは11月に発表された。これ以上は遅れないように、今回は米陸軍の2009年の優れた発明を紹介する。

 最初の発明は40mmの「M320」グレネードランチャーだ。実戦配備は2009年6月。ずんぐりとした装置で、「M4」カービンに見える武器の銃身の下に取り付けられる(M4カービンに似たM16ライフルにも取り付けられる)。この第82空挺師団の兵士はピストルグリップ部分を左手で握っている。

 米陸軍は毎年、兵士とサポートスタッフの発明の才をたたえ、前年の発明品トップ10というリストを作成している。そのリストの発表時期は毎年遅くなっているようだ。われわれが2007年に初めてこの発明品リストを追い始めたとき、発表は6月に行われたが、その後9月になり、最新のリストは11月に発表された。これ以上は遅れないように、今回は米陸軍の2009年の優れた発明を紹介する。

 最初の発明は40mmの「M320」グレネードランチャーだ。実戦配備は2009年6月。ずんぐりとした装置で、「M4」カービンに見える武器の銃身の下に取り付けられる(M4カービンに似たM16ライフルにも取り付けられる)。この第82空挺師団の兵士はピストルグリップ部分を左手で握っている。

提供:U.S. Army

 米陸軍は毎年、兵士とサポートスタッフの発明の才をたたえ、前年の発明品トップ10というリストを作成している。そのリストの発表時期は毎年遅くなっているようだ。われわれが2007年に初めてこの発明品リストを追い始めたとき、発表は6月に行われたが、その後9月になり、最新のリストは11月に発表された。これ以上は遅れないように、今回は米陸軍の2009年の優れた発明を紹介する。  最初の発明は40mmの「M320」グレネードランチャーだ。実戦配備は2009年6月。ずんぐりとした装置で、「M4」カービンに見える武器の銃身の下に取り付けられる(M4カービンに似たM16ライフルにも取り付けられる)。この第82空挺師団の兵士はピストルグリップ部分を左手で握っている。

-PR-企画特集