logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2009年の技術 - 12/17

文:Jonathan E. Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 車両を脅かす爆発物には、IEDのほかに地雷もある。地雷が車両の下部構造を破壊する仕組みをより詳細に理解して、防御を強化するために、米陸軍の戦車研究、開発、およびエンジニアリングセンター(Tank Automotive Research, Development and Engineering Center:TARDEC)は、コンピュテーショナルモデリングおよびシミュレーションを使って、地雷爆発現場の復元について研究している。この車両全体で機能するシステムは、2009年を通して実戦配備され、戦域(すなわちイラクとアフガニスタン)で入手したデータを使用して、土壌や空気、装薬、車両、乗員など、「爆発現象」のすべての重要要素を調べる。

 「これにより、分析官はこれらの複雑で一瞬の現象について、実弾テストと実際に戦場で起きる現象の間にあるギャップを埋めることができる。さらに製品開発チームも、既存のテストや評価手順には反映されていない可能性がある現実世界のシナリオを検討できるようになる」(米陸軍)

 この画像は、耐地雷待ち伏せ防護(mine-resistant, ambush-protected:MRAP)車両の内部だ。MRAPは2000年代の後半、イラクに大量に送り込まれた頑丈な車両である。

 車両を脅かす爆発物には、IEDのほかに地雷もある。地雷が車両の下部構造を破壊する仕組みをより詳細に理解して、防御を強化するために、米陸軍の戦車研究、開発、およびエンジニアリングセンター(Tank Automotive Research, Development and Engineering Center:TARDEC)は、コンピュテーショナルモデリングおよびシミュレーションを使って、地雷爆発現場の復元について研究している。この車両全体で機能するシステムは、2009年を通して実戦配備され、戦域(すなわちイラクとアフガニスタン)で入手したデータを使用して、土壌や空気、装薬、車両、乗員など、「爆発現象」のすべての重要要素を調べる。

 「これにより、分析官はこれらの複雑で一瞬の現象について、実弾テストと実際に戦場で起きる現象の間にあるギャップを埋めることができる。さらに製品開発チームも、既存のテストや評価手順には反映されていない可能性がある現実世界のシナリオを検討できるようになる」(米陸軍)

 この画像は、耐地雷待ち伏せ防護(mine-resistant, ambush-protected:MRAP)車両の内部だ。MRAPは2000年代の後半、イラクに大量に送り込まれた頑丈な車両である。

提供:U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]