logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2009年の技術 - 6/17

文:Jonathan E. Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 次に紹介する発明には、長くて言いにくい名前が付けられている。「AH-64D Apache攻撃ヘリコプター向けに相互運用チーミングを実現する無人航空システムからの改良型ビデオ、レベル2(upgraded video from unmanned aerial system for interoperability teaming, level 2, for the AH-64D Apache attack helicopter)」というものだが、幸い「VUIT-2」という略称がある。Apacheのパイロットは、このシステムを利用することで、ヘリコプターの到着に先だって戦場で偵察や目標捕捉を行っていた「RQ-7 Shadow」などの無人航空機(UAV)から映像を受信することができる。この写真は、VUIT-2を装着して飛行するAH-64Dで、アラバマ州フォートラッカーでのテスト中に撮影されたもの。

 VUIT-2テクノロジは米陸軍の航空とミサイル開発およびエンジニアリングセンター(Aviation and Missile Research Development and Engineering Center)が開発したもので、2009年を通して実戦で使用された。

 次に紹介する発明には、長くて言いにくい名前が付けられている。「AH-64D Apache攻撃ヘリコプター向けに相互運用チーミングを実現する無人航空システムからの改良型ビデオ、レベル2(upgraded video from unmanned aerial system for interoperability teaming, level 2, for the AH-64D Apache attack helicopter)」というものだが、幸い「VUIT-2」という略称がある。Apacheのパイロットは、このシステムを利用することで、ヘリコプターの到着に先だって戦場で偵察や目標捕捉を行っていた「RQ-7 Shadow」などの無人航空機(UAV)から映像を受信することができる。この写真は、VUIT-2を装着して飛行するAH-64Dで、アラバマ州フォートラッカーでのテスト中に撮影されたもの。

 VUIT-2テクノロジは米陸軍の航空とミサイル開発およびエンジニアリングセンター(Aviation and Missile Research Development and Engineering Center)が開発したもので、2009年を通して実戦で使用された。

提供:Robin Cofer, Apache PM Contractor/U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]