logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2009年の技術 - 2/17

文:Jonathan E. Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 M320は、旧式の「M203」グレネードランチャー(これに代わってM320が採用される)と異なり、取り外して単独の武器として使うことができる。米陸軍によると、取り外すのに特別な工具は必要ないという。M320はハンドヘルド型レーザー距離計と、赤外線照明器および照射器と連携する。信頼性と安全性を高めるために、ダブルアクションの引き金を採用している。ニュージャージー州にあるPicatinny Arsenalの兵器研究、開発およびエンジニアリングセンター(Armament Research, Development and Engineering Center:ARDEC)が開発を担当した。

 「AGIプログラムの文脈で使用される最も優れた発明品は、実用的な拡張や応用であり、現状を一変させる新製品だ。陸軍の研究開発コミュニティーから誕生したしたもので、即応性を高め、兵士に良い影響をもたらす」(米陸軍)

 M320は、旧式の「M203」グレネードランチャー(これに代わってM320が採用される)と異なり、取り外して単独の武器として使うことができる。米陸軍によると、取り外すのに特別な工具は必要ないという。M320はハンドヘルド型レーザー距離計と、赤外線照明器および照射器と連携する。信頼性と安全性を高めるために、ダブルアクションの引き金を採用している。ニュージャージー州にあるPicatinny Arsenalの兵器研究、開発およびエンジニアリングセンター(Armament Research, Development and Engineering Center:ARDEC)が開発を担当した。

 「AGIプログラムの文脈で使用される最も優れた発明品は、実用的な拡張や応用であり、現状を一変させる新製品だ。陸軍の研究開発コミュニティーから誕生したしたもので、即応性を高め、兵士に良い影響をもたらす」(米陸軍)

提供:C. Todd Lopez./U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]