logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2009年の技術 - 17/17

文:Jonathan E. Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 通信研究グループのCERDECが作成したWolfhoundは、1人の兵士が携帯したり(リュックサックの写真があるのはそのため)、車両にマウントして使ったり(前のスライドを参照)、一定の場所にセットアップしたりするのに適している。

 WolfhoundのプロダクトマネージャーであるJohn Lynch氏は声明の中で、「Wolfhoundシステムは、兵士から『敵の物音は聞こえる。必要なのは、敵の居場所を突き止める手段だ』という声を受けて開発された。兵士はWolfhoundの『ボタンの操作方法』を20分程度でマスターし、使い方と運用コンセプトを16時間程度で学習することができる」と述べた。

 通信研究グループのCERDECが作成したWolfhoundは、1人の兵士が携帯したり(リュックサックの写真があるのはそのため)、車両にマウントして使ったり(前のスライドを参照)、一定の場所にセットアップしたりするのに適している。

 WolfhoundのプロダクトマネージャーであるJohn Lynch氏は声明の中で、「Wolfhoundシステムは、兵士から『敵の物音は聞こえる。必要なのは、敵の居場所を突き止める手段だ』という声を受けて開発された。兵士はWolfhoundの『ボタンの操作方法』を20分程度でマスターし、使い方と運用コンセプトを16時間程度で学習することができる」と述べた。

提供:U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]