logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2009年の技術 - 7/17

文:Jonathan E. Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 イラクやアフガニスタンにいるApacheパイロットは操縦室でVUIT-2装置を使って、無人航空機、さらには「Sniper」や「Lightning」などのターゲッティングポッドを搭載した戦闘機がストリーミング配信する映像をリアルタイムで受信する。ApacheのプロジェクトマネージャーであるDerek Paquette大佐は2008年、Army.milの記事の中でVUIT-2の機能をプレビューし、「VUIT-2はApacheヘリコプターに非常に大きな恩恵をもたらす」と述べている。「敵が『Longbow』の音を聞く前から、乗組員はVUIT-2を利用して周辺状況を認識し、ターゲットを特定している。乗組員はその後、発射許可を得て、ターゲットを攻撃する準備を整える。その間もVUIT-2を使ってターゲットの監視をずっと続けることができる。そして、砲火を浴びせてターゲットを排除する」(Paquette大佐)

 イラクやアフガニスタンにいるApacheパイロットは操縦室でVUIT-2装置を使って、無人航空機、さらには「Sniper」や「Lightning」などのターゲッティングポッドを搭載した戦闘機がストリーミング配信する映像をリアルタイムで受信する。ApacheのプロジェクトマネージャーであるDerek Paquette大佐は2008年、Army.milの記事の中でVUIT-2の機能をプレビューし、「VUIT-2はApacheヘリコプターに非常に大きな恩恵をもたらす」と述べている。「敵が『Longbow』の音を聞く前から、乗組員はVUIT-2を利用して周辺状況を認識し、ターゲットを特定している。乗組員はその後、発射許可を得て、ターゲットを攻撃する準備を整える。その間もVUIT-2を使ってターゲットの監視をずっと続けることができる。そして、砲火を浴びせてターゲットを排除する」(Paquette大佐)

提供:Robin Cofer, Apache PM Contractor/U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]