logo

フォトレポート:米陸軍が表彰した2009年の技術 - 16/17

文:Jonathan E. Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年12月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Wolfhound Handheld Threat Warning System」は無線方位測定器で、米陸軍によると「唯一の携帯型無線方位測定器」だという。2009年に実戦での使用が開始された省電力のWolfhoundシステムは、「過酷な状況」での「作戦実行を簡素化」できるように設計されている、と米陸軍は話している。また、「VHFおよびUHF帯で動作している無線送信機の位置を高速に特定」することもできる。このシステムは、米軍が敵の司令および制御ノード、さらには監視所や偵察機の位置を見つけやすくすることを目的としている。戦闘における捜索救助活動にも役立つ。

 「Wolfhound Handheld Threat Warning System」は無線方位測定器で、米陸軍によると「唯一の携帯型無線方位測定器」だという。2009年に実戦での使用が開始された省電力のWolfhoundシステムは、「過酷な状況」での「作戦実行を簡素化」できるように設計されている、と米陸軍は話している。また、「VHFおよびUHF帯で動作している無線送信機の位置を高速に特定」することもできる。このシステムは、米軍が敵の司令および制御ノード、さらには監視所や偵察機の位置を見つけやすくすることを目的としている。戦闘における捜索救助活動にも役立つ。

提供:U.S. Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]